機能面にこだわりを入れられる

内装の見た目だけでなく機能面にもこだわれる

注文住宅では、壁紙や床材などの内装材を自由に選べるため、色味や質感などデザイン的なものを重要視して選ぶことができます。また、デザイン面だけでなく、機能面にこだわって選び、心地よい空間にすることも可能になります。例えば、トイレや洗面所など、汚れが気になりやすい場所には汚れが付きにくいタイプの壁紙を使ったり、汚れをサッと拭き取りやすい床材を使ったりすることで、掃除が楽になり、衛生面を保ちやすくなるでしょう。また、調湿機能のある漆喰を壁の仕上げ材に用いたり、無垢材を床材に用いたりすることで、室内の湿度を快適な状態に保てるようにもなります。造り付けのカウンターも、木の質感を大切にするか、それともお手入れのしやすさを大切にするかで選ぶべき塗装の種類は変わってきます。機能面も考えながら選んでいくことで、暮らしやすい住まいになるでしょう。

設備の機能にこだわって快適な暮らしに

注文住宅では、キッチンやお風呂などの設備もこだわって選ぶことができます。キッチンに食器洗い乾燥機やタッチレス水栓など、日々の生活が快適になる設備を取り入れたり、掃除のしやすいタイプや、自動お掃除機能が搭載されているレンジフードにしたりすることで、家事にかける時間は大きく変わってくるでしょう。家事のやり方は人によって様々です。キッチンの設備を自分好みになるように選んでいくことで、快適な空間にすることができるでしょう。お風呂にも様々な機能を持たせることが可能です。天気の悪い日でも室内で洗濯物を乾かしたいという場合は、浴室換気乾燥機を取り付けると良いでしょう。お風呂をもっとリラックスできる場所にしたいという場合は、ミストサウナを付けたりする方法もおすすめです。