自由なデザインが作れる

唯一無二で自分の好みの家

注文住宅の最大の強みは、やはり自由にデザインを作ることができるということです。法律の範囲内、技術が許す範囲の中であれば、自由に住宅を建てることができます。建売住宅の場合、あらかじめデザインが決められてしまっているので、オリジナリティはありません。平均的でだれであってもある程度の使いやすさがある住宅となりますが、ありきたりな住宅ともなりがちです。しかし、注文住宅ならば、こだわりを十分に反映することができます。吹き抜けや大きなホール、バルコニーなど、こだわりたい部分には力を入れて設計していけば、それまでの住宅に抱えていた不満も解消することが可能です。

唯一無二のデザインとなり、こだわりのマイホームを完成させることができるという満足感が、注文住宅の強みです。

暮らしやすい生活に合った家

注文住宅の強みは、自由に設計することができて満足するというだけではありません。自由に設計できるということは、暮らしやすい家を実現することができるということです。生活スタイルは、人や家族によってそれぞれ異なります。家族構成が異なれば、日々の生活も変わるもので、標準的な建売住宅では暮らしにくいという事態になりかねません。生活動線もそれぞれ異なるので、暮らしやすい家にはその時々に沿ったデザインが必要です。また、趣味や仕事によっては、必要となる設備も変わってくるでしょう。注文住宅ならば、それらに合わせてひとつひとつ設計することが可能です。

日々の生活をストレスなく送ることができる家を造るという点は、快適な暮らしをするうえで重要なポイントといえます。

建売住宅は土地の規模や間取りあるいはデザインや設備などが、あらかじめ決まっています。興味を持った物件を購入する際には、自分の購入条件やライフスタイルと合致するのか、よく見極める必要があります。